「見えない差」というのが大きい(横浜FM戦)

今更ですがTV観戦だった横浜FM戦について。このゲームに限って勝敗を分けたのはシュートの数cmの差だったのでしょう。
b0055215_12593271.jpg

そして首位チームとの差は何なのか考えてみました。横浜は「自分の事が良く分かっている」「使えるものを活用出来ている」と言う事なのかな?と思うわけです。
「時間の使い方」「審判の使い方」等、横浜ならではですよね?今のエスパルスが同じプレーをしてみたところでカードの山になるだけです。これらは「ブランド」があってこその力で、真似できるものではないし、また真似る必要もないでしょう。
まぁ、こういう相手との対戦に関して経験を積んだゲームだったと言う事。また、シーズンの中にはこんなゲームもあるって事。それだけに1つのプレーの重要性を改めて感じたわけです。

さぁ!次いってみよー☆


■清水完封負け…警戒中村にV弾献上: nikkansports.com
■〔第26節〕横浜Mに敗れ、4連勝逃す | 静岡新聞
■【清水】4戦ぶり完封負け 連勝3で止まる:スポーツ報知
[PR]
by okids | 2013-09-24 13:09 | 清水エスパルス | Comments(0)