S-PULSEとかKARAとかAPRILとか...


by okids

鳶(DSPmedia)が鷹(KARA)を...の結末

b0055215_2273995.jpg

「KARAのニコル脱退、ジヨンも」のニュースにDSPmediaのサーバがダウンし、ネット上では様々な怒り、嘆き、慰め、声援が溢れた1週間です。ワタシ自身も「今更細かい事は..」とか書いたものの、なんとか自分を納得させられる理屈を捻り出そうと...やはり書かずにはいられない(苦笑)

今回のKARA解体の原因は何かと考えてみれば「DSPmediaの管理能力の限界」であろうと思うわけです。

KARAは幾多の困難を乗り越え、DSPmediaの予想を遥かに超えて成長し続けて来ました。DSPmediaにとっては、嬉しい誤算。それはやがて悲鳴となりこの結末に至ったのでしょう。

KARAの経歴・実績を考えれば、今後はグループとしてのみならず各メンバーがより幅広い分野に飛躍して行くことは自然な流れであり、事務所として当然すべき事だったはずです。

ですが、そこで「DSPmediaの管理能力の限界」です。

KARAの能力・魅力をDSPmediaの枠に押し込めておくのは既に無理があり、DSPmediaの手には負えないレベルに達してしまったのでしょう。

そこで、DSPmediaは再契約にあたって「全てをDSPmediaに一任する事」を要求したと想像します。「KARAの成長を抑え込んで、DSPmediaの管理できる範囲に留めよう」と。

DSPmediaが自身の改革のないままに、5人が再契約したとしても果たしてそれは誰もが望むような未来へ繋がったでしょうか?

今回の件で、DSPmediaを「悪者」とは言えないでしょうが、「馬鹿者」だとは言わせてもらいます。事務所と所属アーティストにとって飛躍のチャンスがそこにあったにもかかわらず自ら放棄してしまったなんて、

なんて大馬鹿野郎なんダヨー!?

KARAには奇跡が起せても、DSPmediaには無理という事です。

と、こんな感じで一言(どころか相当な長文だ/苦笑)言わずには済みませんでした。はぁ

◆ Thank you, KARA - YouTube
b0055215_2211745.jpg

[PR]
by okids | 2014-01-17 22:10 | KARA(K-POP) | Comments(0)